シルバーの車

ハイブリッドカーの開発の経緯

ハイブリッドカーの年間の販売台数は、2009年から2010年にかけてピークになって、新車の販売台数として首位をキープしていました。
ハイブリッドカーは大手の自動車メーカーが販売して、現在に至るまで10年以上も経過しています。
ハイブリッドカーは元々車の性能の向上の目的で開発されたものであるが、バブル期の直後において普通車の車の売れ行きが危うくなっていて、若者の自動車離れが深刻になっているので、将来の車の産業を考えて車の飛躍的な性能がユーザーに認められるために開発に踏み切ったのです。
普通車は時代を追うごとに車のエンジンの馬力が向上していて、車の本体が大きくなったり、スポーツカーが登場していました。
現在のように車の燃費の部分を重視しないで、車の性能や車体の大きさに重視していました。
車体の大きさや性能の向上によって、経費が積み上がったり、浪費の観点から燃費性能を向上させるハイブリッドカーが台頭したのです。
大手の自動車会社は、経費がかさむことによって車体の価格を値上げせざるを得ないという危機感を持って、燃費性能を向上させる自動車の開発に踏み切って、できるだけユーザーに車の使用にかかかる費用を削減する目的意識を持ったのです。




若い世代が車に興味を持つ日本社会へ

以前と違い、車のステータス(立ち位置)がどんどん家電製品に近くなってきているように思う。

以前なら高級車を買った人はすごい人であったし、すごい人でいたいが為にわざわざ高級車を買っていたように思う。ところが最近は車に価値観を見いだせなくなった人が比較的若い世代、特に40代以下で多くなった。ものすごく高級な冷蔵庫や掃除機を買ったからと言ってそれが偉い人ではないように、高級車を買ったからと言って自身のステータスとして自慢できなくなりつつある社会に次第にシフトしている。たとえば「俺、500万円の冷蔵庫を買ったんだけど」と言ってきた友人がいたら、おまえ頭大丈夫か?と誰かが心配するシーンを想像すると良い。それと同様に車も自分自身のステータスでもなければシンボルでもなくなりつつある。残念なことにそれが若い世代を中心に広がっているのだ。

もちろん私はこのような社会が良いと思わないし、車にはこれからも以前と同じような素質を持ち続けて欲しいと思っている。間違っても「車なんて走りさへすれば何でも良いのだ」なんて思わない。最近はトヨタをはじめ各メーカーが若者に向けた車作りをしているのは良いことだと思う。なにも外国人や団塊世代の為だけに車を作ることもないだろう。ただ、遅きに失した。もう少し気付くのが早ければ若者が今よりもさらに車に対して興味を持っていただろうと思う。

これからも若者向けに良い車を作って欲しい。その為には少なくとも若者が車を買うことができる日本社会、車を持つことが可能な日本社会になることを期待している。


ロイヤルチーパーはロングドレス通販で人気のサイトです!ロングドレスの種類は豊富でお好みのデザインのロングドレスを手に入れることができます!

CHOICES CONTENTS

メーター

ホイールはデカければ何でもいいの?

近頃、軽自動車でも15~16インチ、コンパクトカーでも…

Read More
ピンクの車

いままでと違う車との付き合い方

カーシェアリング。最近では参入業者も増え、あちこちにカ…

Read More
赤い車

次期デミオ

先日、雑誌で次期デミオの紹介がされいました。ど…

Read More
ハンドル

私が4駆を購入する時に気をつけている事

状態の良い4駆を県外で購入する際に私が気をつけている事…

Read More